2020年6月22日

自作のかわいい動物フィギュアを安価に大量生産できました|中国工場との契約の仕方

Little Animal mini Figureを自社ECサイト、BASE、ハンドメイド販売サイトで販売を開始することが出来ました。

フリーのイラストレーターさんで、自作のオリキャラをフィギュアにして販売したい方ってたくさんいらっしゃると思います。

しかし、いろいろ試行錯誤するものの以下のような壁にぶつかるのではないでしょうか?

・型取りキットで大量生産を試みるも思った以上に時間とコストがかかる。

・型取りキットで大量生産を試みるも思った以上に時間とコストがかかる。

・中国工場で直接作りたいけど、知り合い方がわからない。

・だまされてしまいそう。

私も、もれなく全て経験させていただきました。(結局この時点では断念しています。)

まずは、相場と需要を知ろう

おもちゃ屋さんや雑貨店に聞き込みをしたところ、販売価格は1000円を切るのが理想という意見がもっとも多かったです。

大きく高価なものは売れたときの利益は大きいですが、毎日売れる商品ではないので安価なものを大量に販売したいとのことです。

また、大きいとスペースを取ってしまうのですでに人気のある商品以外は厳しいという意見が多かったです。

1000円前後の価格帯での販売、大きさは10cm以下のものを想定しましょう。

 

 

制作費用について

販売価格1000円を想定すると、製作費は250円以下が理想です。

おもちゃ屋や雑貨店に卸すとなると、6~6.5掛けが基本です。

1000円の商品を6掛けで卸した場合、店舗様には600円で買っていただくことになります。

すると利益は、600(卸価格)-250(製作費)=350円の利益ということになります。

ただし、おもちゃ屋さんや雑貨店さんの中には仲卸業者がすでに入っていることもあります。

仲卸業者さんへの卸価格の相場は4.5~5掛けです。

※仲卸業者はそこから10~15%上乗せした6~6.5掛けで店舗に卸します。

その場合、450円(仲卸価格)-250円(製作費)=200の利益ということになります。

1000円の商品ですから、最低300円くらいの利益は欲しいところです。

そこから逆算すれば250円が制作費のラインになってくるわけです。

日本の制作会社に依頼するといくらかかる? 

皆さんも、いろいろ見積もりを取ったと思いますがお幾らぐらいだったでしょうか?

恐らく1個あたり300円+型代が1個当たりに換算すると100円程度だったのではないでしょうか?

合計400円、とてもじゃないですが1000円で販売するのは無理です。

頑張って1000円で販売して、1000個売り切って利益が15万円(涙)。そこから、送料と人件費を引きます(号泣)。

もちろん人件費は自分で発送するのでかかりませんが、梱包と手配にかかる時間は結構な負担です。

かといって価格帯を1500円以上にすると、今度は店舗のほうが買い控えたり個数を減らされてしまいます。

安く作ってくれる中国工場はないのか?

そもそもグーグルで検索しても、中国工場の情報なんて出てきません。

検索しても数多くある日本の中小企業が出てくるだけです。皆さんが見積もりをとった会社です。

もちろん、それらの企業も実際は中国工場に依頼しているに過ぎません。

では、私はどのようにして中国工場と契約できたのか?

日本には、中国企業が出展しているたくさんのイベントが存在しています。

たとえばギフトショーもそのようなイベントの一つです。

私は、そのようなイベントに年間2回×10年出展し続けています。

そこで、知り合った社長さんや中国の技術者と何度もやり取りし、運よく良心的な方々と出会うことができました。

直接取引なので、製作費をかなりおさえることが出来ます。

そのおかげもあって、私が販売いているミニフィギュアは何と370円で販売することが出来ました。

370円だと、店舗様としても導入しやすく大変喜んでいただいています。

まとめ

・店舗は1000円以内の商品をもとめている

・日本企業に依頼しても1000以下で販売できる製作費に落とし込めない

・信用できる中国工場と契約するには、5年以上掛けて信頼関係を結ぶ必要がある。(後で裏技を紹介します・・・)

何事も近道は存在しないということですね。

今からでもすぐにイベントに参加して、自分の必要な会社の社長さんや技術者さんと信頼関係を結ぶべきです。

 

 

信頼関係を結ぶ間に平行してやるべきこともあります

・無料系のネットショップを5店舗オープンさせる

・自作フィギュアをモチーフにデザインした他の商品を開発する

ネットショップを開くメリット

利益率が店舗に卸すより遥かに高い。つまり1個あたりの開発費が多少高くても利益を出すことが出来ます。

一個あたり500円の製作費を掛けた商品を1000円で売ったとしても、手数料が10%取られるだけなので十分利益が上がります。

1000円(販売価格)-500円(製作費)-100円(手数料)=400円の利益

これは、製作費250円のものを店舗に6.5掛けで卸した場合の利益(350円)を上回っています。

小ロットで制作出来る日本の中小企業は数多くあります。(もちろんフィギュアも含めて)

1キャラにつき5個ずつとか生産してネットショップでコツコツ売っていきましょう。

どうせネットショップを開くなら、キャラクターをモチーフにペンケースやクリアファイルなどの商品を開発し売ると良いと思います。

ネットショップを5店舗オープンする方法は、私の過去のブログで紹介しているのでこちらを読んでください。

自分のECサイトを作ろう

無料のネットショップを開いて商品が充実してきたら、最後は自分のECサイトを作ることをおすすめします。

自分のECサイトなので、手数料が0円です。販売価格-製作費がそのまま利益になります。

自分のECサイトの作り方も、過去のブログに書いているのでご参考までに紹介しておきます。

時間があるときにでも読んでみてください。

どうしても大量生産したい方へ

ビジネスは地道に一歩ずつ進むしかないのですが、どうしてもという方はご相談ください。

・外国人と話すのが苦手な方

・作品に自信があるのですぐに大量生産したい方

・交渉事など苦手な方

私の作品として私の契約する中国工場へ依頼いたします。

詳しくはこちらよりお問い合わせください。

 

 ご質問などあれば、コメント欄にご記入ください。答えられる場合は、回答させていただきます。

 インスタグラムのフォローもお願いします。

  Instagram【la_little_animal】

 おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA